女性が引き込まれるキッカケ会話

女性が引き込まれるキッカケ会話

 

女性と親密になる上で、女性に「質問する」ことは必要不可欠ですよね。

 

カップルの会話

 

例えば…

 

・相手の「興味や関心」を持っていることを聞く
・体験や感情などの「記憶」を引き出す
・女性最大の関心ごとである女性自身のことを聞き出す

これらは、会話を展開していく上で絶対に必要なことなんですが
ただ、この際に男性側からの質問攻めになってしまうケースが多いんですよね。

 

その原因となるのは以下の3点です。

原因1.クローズドクエッションである
原因2.一方通行な会話に陥る
原因3.会話のきっかけがつかめない

この3つを解決しなくては、会話は成立せず
単なる「質問攻め」になってしまう危険があるわけです。

 

よく、男女間の会話では
男性が主導権を握ろうとして頑張ってしまうことが多いのですが、
本来、会話の主導権を握ってもらいたいのは女性の方です。

 

なぜなら、女性側の言葉が途切れずに、
様々な価値観を聞き出すことが重要ですからね。

 

もともと男性側は質問することで
「私はあなたに興味がありますよ」という意志を充分に伝えられているので
それ以上に頑張りすぎる必要はないわけです。

 

居酒屋デート

 

では『質問攻めにならないで女性に話をさせるにはどうすればいいか?』

 

これを「ステルス催眠プロトコル」の手法では
『ノークエッションメソッド』と呼んでいます。

 

そのステップは…

ステップ1.あなたの過去の記憶から「その場にマッチしたエピソード」を語りだす
ステップ2.話終わったら、女性が何か話し始めるまで沈黙する
ステップ3.相手が話し始めたら、質問してもOK(すでに相手の会話に入っているから)

 

相手が何も話してこなかったら?→ステップ1からもう一度行う

 

ステップ1はその場にマッチしたエピソードであればあるほど、会話は盛り上がります。

 

エピソードの例としては

・自分自身の性格について
・最近の失敗談
・季節にまつわるもの
・自分の興味関心
・過去の思い出
・笑い話
・雑学

などが使いやすいですね。

 

話を振ったら、相手が何か話してくれるまで一旦沈黙するのがカギです。

 

相手の女性が共感できるものを選択して
『ノークエッションメソッド』を楽しんでみてください。

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ ステルス催眠プロトコル

関連ページ

女性に恋愛感情を抱かせるアイコンタクト
ステルス催眠プロトコル(佐藤ともやす)に関連した恋愛テクニックなどをコラム形式でお届けします。女性に恋愛感情を抱かせるアイコンタクトの重要性とは?