暗示系くどき術の落とし穴

一般的な暗示系くどき術の落とし穴

 

「ステルス催眠プロトコル」はごくシンプルに表現したとすれば、
「暗示系くどきマニュアル」ということになるのですが、

 

一般的な「暗示系くどき術」は、大きな欠点が存在しているのです。

 

暗示が弱い

 

たいていの教材の場合、女性に対して「暗示の言葉」をかけはじめる時、
女性が暗示にかかりやすくするための「準備段階」の説明があまりされておらず、

 

どちらかというと、暗示にかかるかかからないかは五分五分、といった
ギャンブルになってしまう危険性が高いです。

 

この点の解説や具体的な提案がちょっと弱いものが多いんです。

 

もちろん、そういう点に全然触れていないわけじゃないし、
たとえ、女性に対する暗示かけに失敗したとしても、
彼女に怪しまれたり、胡散くさく思われて、二度と会えなくなる…
といった危険を回避するような方法は説明されていたりはします。

 

また、NLP(神経言語プログラミング)のような
科学的な暗示法を恋愛に活用したようなノウハウを説いているものもあります。

 

ただ…こういうのは、ちょっと回りくどすぎます。

 

やっぱり、「ステルス催眠プロトコル」に興味を持ったあなたなら
暗示・催眠を使って、女性を一気にホテルに連れ込む・・・
というところまでいけて、初めてノウハウの有効性を感じ取れるのではないでしょうか。

 

男たるもの、催眠を身に付けるなら
そういう即効性のある暗示を身に付けたいですよね。

 

とすれば、女性がいかに暗示にかかりやすくなるか?
という仕掛けとワナを教えてくれなくちゃ、意味がありません。

 

さらに、もう一つの問題点は「緊張感」です。

 

通常の「暗示系くどきマニュアル」だと
暗示をかける側(あなた)とかけられる側(女性)の間に
どうしても緊張感が発生してしまいます。

 

そりゃ、そうですよね。
お互いが直に、面と向かって対峙することになるんですから。

 

あなたが緊張しながら暗示の言葉をなんとか伝え、
その言葉を緊張している女性が聞く…

 

こんな状況が、実は「暗示での口説き」を失敗させてしまう
最大の弱点になっていたりするんです。

 

手つなぎカップル

 

ところが…「ステルス催眠プロトコル」の場合、

 

・回りくどさを排除して、確実・即効の暗示のかけ方
・緊張を取り除くための暗示の手順

 

こうした段取りが具体的に示されているのが
他の「暗示系くどきマニュアル」と大きく違うアドバンテージといえます。

 

少々教材の分量が多いのは、
こうした点にもていねいな解説が加えられているため、と考えてください。

 

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ ステルス催眠プロトコル